ZEHとは

 『ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)』とは、「省エネ」と「創エネ」の効果を 組み合わせて「住まいの年間一次エネルギー消費量」を正味(ネット)でゼロ以下にする住宅の ことです。

 これから2030年にかけて、政府はZEHの普及を進めていく予定です。住宅のゼロエネル ギー化は、もう他人事ではありません。『自宅でエネルギーを創って、使う』時代がやってきた のです。

つまり、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは…

  1. 住宅性能や高効率設備機器により住まいの省エネ性を高めて『使うエネルギーを減らし』
  2. 使うエネルギーを太陽光発電などで 『自家発電』し、
  3. 家庭で必要なエネルギーを 『自給自足』できる住まいのことです。
一次エネルギー消費とは
 発電のために必要な、石油や石炭、天然ガスなどの化学燃料や水力、太陽熱など、自然界に存在しているままのエネルギー源のことです。一次エネルギーを加工して作られる電気やガスなどは二次エネルギーと言われます。つまり、家庭で消費するエアコンや給湯、証明などの二次エネルギー消費量を減らすことで、そのエネルギーを作る一次エネルギーを減らす事に繋がります。
ZEHは地球にやさしい、家計に優しいくらし
メリット1 光熱費を0にできる
電力の自給自足ができ、高気密・高断熱により家庭内のエネルギー消費量を減らす事により、お財布にやさしい生活ができます。
メリット2 健康の改善ができる
高断熱住宅に住むことで、喘息や手足の冷え、アトピー性皮膚炎などの健康改善に繋がります。
またヒートショックも防ぐ事ができます。
メリット3 地球環境にやさしい
自然エネルギーを利用し、発電を行い消費エネルギーを削減することで温室効果ガス排出量を削減し次世代のために、やさしい暮らしを実現します。
メリット4 将来の資産価値
これからの住まいは住宅のエネルギー性能が評価の対象となっていきます。
ZEHは将来を見据えた資産として確実に有利です。
メリット5 補助金を利用できる
ZEH支援事業の補助金を利用できます。
他にも補助金を利用できる制度がありますので担当者にお問い合わせ下さい。
ZEHの省エネと創エネは賢く暮らす工夫がいっぱい
ZEHは、断熱材や省エネ機器など、エネルギー消費量が少ない「省エネ」設備を採用すると同時に、自宅で電力を創る「創エネ」機器の設置が必須となります。また、エネルギーの状態を見ることができる「HEMS」を組み合わせて活用します。
ZEH普及目標
年  度 平成28年度
(実績)
平成29年度
(実績)
平成30年度
(実績)
平成31年度
(2019年度)
平成32年度
(2020年度)
注  文 0% 0% 0% 30% 30%
建  売 0% 10% 0% 20% 20%
既存改修 0% 0% 0% 10% 10%
合  計 0% 10% 0% 60% 60%
※平成28~30年度は実績となります。